指関節痛の原因を知る
〜手や足の指の痛みに潜む病気〜


指の痛みの原因は、指の使いすぎによるものがほとんどです。 しかし、その痛みが、危険な病気が潜んでいるのを知らせるサインかもしれません。


■指関節痛や手の指の痛みの原因

関節痛には、2種類あって、動いた時に痛みを感じる関節痛と、動いていない時でも痛みを感じる関節痛があります。 関節を動かした時に痛みを感じる関節痛の場合は、加齢や太りすぎによって、関節軟骨がすり減ってしまったことでおこっている「変形性の関節痛」の可能性が高いです。 関節を動かさない時でも感じる関節痛の場合は、関節を包んでいる骨膜が炎症をおこしたり、軟骨や骨自体に傷や問題がある可能性があります。


◆腱鞘炎

指関節痛にかかる原因として、もっとも多いのが腱鞘炎です。 手や指を握りっぱなしにする仕事やスポーツを続け、手を酷使することによって腱鞘炎から指関節痛になっていきます。 指関節痛の症状が悪化すると、指の曲げ伸ばしが出来なくなってしまうので、ひどくなる前に手を休ませたり、整形外科などを、早めに受診し治療しましょう。


◆突き指

スポーツをしている人なら、経験しているであろう突き指も、手指関節痛の原因になります。 突き指といってもその症状はいろいろあり、骨まで達していることもあれば、靭帯損傷、関節脱臼などもあり、たかが突き指、とあなどっては、いけません。 突き指の対処を誤ると後遺症として、運動障害や痛みがずっと残ってしまうこともありますので、きちんと整形外科に行くことをお薦めします。


◆細菌などによる炎症

関節の組織に細菌などのばい菌が入って炎症をおこす、指関節痛もあります。 細菌感染の場合、痛みだけでなく、熱を持っていたり赤く腫れて膿が出る場合もあるので、切開して膿を出したり、抗生物質を投与したりします。


◆加齢によるもの

年配になってから、ゴルフなどの指を強く握るスポーツを始めると、指関節痛にかかりやすく、利き手の親指、薬指、中指に痛みが出ることもあります。


◆関節リウマチ

免疫異常によって関節に炎症がおきてしまうリウマチも、指関節痛の原因です。 関節リウマチが原因の指関節痛は、中年以降の女性に多く見られます。 指関節痛がリウマチによっておこる場合、指や手首の関節に出ることが多く、手や指の関節が腫れたり痛んだりします。 関節リウマチの症状が起きやすいのは、手の指のつけ根にある中手指節関節や、指先から二番目にある近位指節関節です。 朝起きてからしばらく、指がこわばった感じがするのは、関節リウマチが原因の指関節痛かもしれません。


◆ヘバーデン結節

中年以降の女性に多く見られる、指の先端の関節の痛みとコブのような変形は「ヘバーデン結節」と呼ばれます。 対症的治療で改善するので心配はいりません。


◆ガングリオン

手首や、指の根元の屈筋腱に発生する「ガングリオン」という良性腫瘍は、腫れ又はコブの様なしこりで、痛みは無いか、時に痛む程度です。 注射器で内容物を吸引すれば良いので、心配いりません。 希に手術をする場合もあり、整形外科医に相談して下さい。


◆手根管症候群

手首のところで正中神経という神経が締め付けられて、人差し指、中指を中心に親指と薬指の親指側に、しびれと痛みが起こります。 指にしびれや痛みがあり、朝起きた時にひどかったり、夜間睡眠中に目が覚めるようなら、整形外科を受診してください。 親指の付け根の筋肉がやせていれば、手術を含めた早急な治療が必要です。 この状態が長く続くと、トンネルを開放する手術だけでは回復できず、腱移行術という健康な筋肉の腱を移動する手術が必要になります。


■関節リウマチについて

指関節痛も起こす、関節リウマチは、膠原病に含まれる病気の一つです。 初期は関節痛を引き起こし、場合によっては、全身を侵すこともある進行性の疾患です。早期診断、早期治療が必要になります。


◆関節リウマチの診断

関節リウマチの症状は、さまざまで、特に発病初期には個人差が大きく、また、関節リウマチ以外にも関節の痛みを伴う病気が沢山あるので、簡単に診断できません。 そこで、関節リウマチの診断には、アメリカリウマチ協会(ARA)がつくった診断基準が使われています。

ARAの分類基準(1987年)
1.朝のこわばり(一時間以上持続する)
2.多関節炎(少なくとも3領域以上の関節の腫れ)
3.手の関節の腫れ
4.対称性の関節の腫れ
5.リウマチ結節
6.リウマトイド因子(リウマチ因子)陽性
7.レントゲン検査で典型的な関節所見

以上、7項目のうち4項目以上を満たせば関節リウマチと診断されます。


◆関節リウマチの初期症状

関節リウマチの初期症状としてはまず、疲れやすい、食欲がなくなる、微熱が続く、だるさが取れないなどの全身症状があらわれます。 また、たっぷり眠った後の起き抜けや、長時間同じ姿勢で座り続けていた後などに、関節を動かしにくいようなこわばりが感じられたりするでしょう。 原因不明の関節の腫れや痛みといった症状も起こりやすくなり、人によっては筋肉痛のような感じがすることもあります。 関節リウマチの症状が悪化していくと、こわばりを感じる時間が長くなっていき、関節の腫れや痛みが頻繁に起こるようになっていきます。 関節リウマチの初期症状を見逃さずに、できるだけ早く治療を始められれば、それだけ進行を食い止めることが可能です。 もしかして関節リウマチにかかってしまったのではないかと気になる症状がある場合は、すぐに最寄りの医療機関で受診して下さい。


■足の指の痛みの原因

「足の指が痛い」「足の指が痺れる」「足がつった」…そんな症状の原因を知ると、病気の早期発見も可能です。


◆骨折・打撲

足指に、内出血や腫れ、痛みなどがある場合、骨折の可能性が考えられます。 骨折などの場合には、何か重いものを足親指に落としたり、何かにぶつけたりする場合がほとんどです。


◆痛風による痛み

痛風の場合、関節部分が炎症を起こして、腫れなどが生じることがあり、特に、足親指の付け根部分にも痛みが生じると言われています。 痛風の症状は、他の部位にもあらわれ、発熱や体がだるいなどの症状もあります。 女性よりも男性の方に多く発症することが多いとされており、他の合併症などにもつながります。


◆内臓疾患

肝臓やすい臓などの器官が弱くなってきている場合にも、足親指に痛みが伴うと、言われています。


◆巻き爪などによる炎症

足指の深爪や巻き爪が原因で、そこにばい菌などが入り、化膿して、腫れや痛みなどが生じる場合があります。


◆外反母趾

外反母趾は、女性に多く見られ足親指の付け根の関節が、外に出てくるのが主な症状です。 靴を履いているときなど、出っ張ってきた付け根部分が触れて痛みが生じたり、その中でも付け根部分に骨棘ができると、それが指の神経を圧迫したりして、痺れや痛みがでることがあります。


■足の指の痺れの原因

「足の指が痛い」「足の指が痺れる」「足がつった」…そんな症状の原因を知ると、病気の早期発見も可能です。


◆脳疾患

足の指の痺れの原因で、まず、疑わなければならない疾患は、脳疾患です。 脳疾患は、脳出血や脳梗塞の緊急性を要する疾患が含まれていますので、足の指にしびれの症状が出てきたら、自分で何とかしようとせず、医師の診察を受けましょう。


◆腰椎椎間板ヘルニア

足の指がしびれる事のほかに、腰が痛い、背骨に違和感があるなどの症状もある場合は、椎間板ヘルニアの可能性があります。 膝の下ぐらいから、足親指に、しびれや痛みが伴うことがあります。麻痺した感覚があり、指に力が入らないなどの症状もあります。


◆モートン病

モートン病とは、歩く度に足の指が痺れたり痛んだりする症状が主です。 足の裏の、中指、薬指付け根付近に痛みがあり、指まで痛みや痺れが広がります。 いつも履いている靴が合わない時、また、ハイヒールを好んではく人など足の神経を圧迫してしまう事によって、モートン病になると考えられています。


■足の指のつる原因

「足の指が痛い」「足の指が痺れる」「足がつった」…そんな症状の原因を知ると、病気の早期発見も可能です。 遊泳時に足の指が、つるのは、問題ありません。


◆ミネラル不足

足の指がつる、足の裏がつる、原因はミネラル不足のための筋肉の異常収縮の場合が多いです。


◆熱中症

熱中症の前兆で足の指がつることがあります。


◆心筋梗塞など

頻繁に足の指をつる場合は、病気が原因となっていることも考えられます。 足がつるのは、心筋梗塞になりかけというサインの場合もあります。 足がつるのは、糖尿病、椎間板ヘルニア、動脈硬化、下肢の静脈瘤、肝臓の病気(特に肝硬変)などでも起こります。

本サイトはリンクフリーです。 リンクするときは <a href="http://xn--xuu.jp/">指.jp</a> でリンクしてください。
©2004-2017 身体.jp | 前ページに戻る プライバシーポリシー・リンク・免責事項 お問合わせ